ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)への取り組み
『ZEH』とは・・・
ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ZEH仕様の住宅とは
ZEH
ZEHの定義は以下の①~④のすべてに適合した住宅となります。
①強化外皮基準(1~8地域の平成25年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした
上で、UA値1、2地域:0.4[w/㎡K]相当以下、3地域:0.5[w/㎡K]相当以下4~7地域:0.6[w/㎡K]相当以下)
②再生可能エネルギーを除き、基準一時エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
③再生可能エネルギーを導入(容量不問)
④再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

専門分野でなかなか理解し難いところですが、上図の住宅の仕様個々に計算式等があって、最終的に久野の定めた基準をクリアしなければならないということなのです。

今後の普及目標
(有)建築の前原は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)の普及に向けて
「ZEHビルダー」登録をいたします。
今年度より2020年までのZEH建築割合の目標値を下記のように定め公表いたします。

年度平成29年度目標平成30年度目標平成31年度目標平成32年度目標
ZEH割合15%20%25%50%
※平成28年度 年間建築数 4棟
※平成29年度 実績0%

具体的なZEH普及策

①構造・完成見学会を定期的に開催し、ZEHに関するコーナーを作り周知・普及活動に努めます。
②サッシ・断熱材など見直しを行います。
またエネルギー効率の良い設計のご提案をし、費用のコストダウンに努めます。
③社員でZEH関係の勉強会に積極的に参加します。
自然エネルギーを使った高性能なお住まいのご提案ができるよう努めます。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント